観光活発化を実際に

観光マーケティングの実践

観光のマーケティングを実践する

マーケティングの手法を実践することによって、大勢の観光客を集めることができるケースがあり、日ごろから専門家のアドバイスを参考にしながら、地道に対策を立てることが重要です。特に、観光客の誘致のテクニックについては、数々のビジネス誌などで紹介される機会が増えており、なるべく多くのツールを参考にしながら、便利な情報を仕入れることがおすすめです。マーケティングの有用性については、初心者にとって分かりにくいことが多くあるとされ、定期的にセミナーや説明会などに参加をすることで、必要な知識を得ることが良いでしょう。

観光地のマーケティング実践方法

観光地のマーケティング実践方法は誰に(市場・顧客)、何を(商品・サービス)、どのように(流通)を考えることです。まずは、市場・顧客のターゲットを決めることです。そうすれば、商品・サービスが決まってきます。学生の団体であればスポーツ体験ができるプラン、小さい子供のいる家族連れであれば果物狩りなどの親と子供が楽しめるプラン、年配の夫婦であれば、温泉や郷土料理、バスツアーのプランなどそれぞれ違った商品・サービスになります。観光地のマーケティングでとても重要なのが流通です。流通とは市場・顧客に魅力ある商品・サービスだと知ってもらうことです。あらゆる地域で旅行案内をしているので、知ってもらうのは大変ことです。流通をしっかり構築するためには、自治体や旅行会社などの協力がなくてはうまくいきません。

↑PAGE TOP